【8月の開運カレンダー】8月22日は蓄財運アップの吉日、貯金を始めるならこの日から!

【8月の開運カレンダー】8月22日は蓄財運アップの吉日、貯金を始めるならこの日から!

――新しいことを始めたいとき、悪い出来事を避けたいとき、暦を活用してみてはいかがでしょうか? 8月の吉日・凶日をチェックして、1カ月をよりよく過ごしましょう!

8月の吉日

・大安(たいあん)……1日、7日、13日、23日、29日
 大安は、「大いに安し」の略。結婚、旅行、引っ越し、転職など、何ごとをするにも吉とされています。

・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)……8日、13日、20日、25日
 「1つの粒が万倍に増える」という意味がある一粒万倍日。この日に行動を起こすと大きな成果がもたらされます。仕事始めや開店、お金を出すのに最適。ただ、苦労も倍になるので、ものやお金の借り入れは凶とされています。

・寅の日(とらのひ)……3日、15日、27日
 トラが「千里行って千里帰る」といわれていることから、旅行運が高まるといわれている日。また、トラの身体や縞模様は金運の象徴でもあることから、お金のご縁が強くなる日ともいわれています。

・巳の日(みのひ)……6日、18日、30日
 巳(へび)は、弁財天の使い。巳の日は、芸術や財運の仏様・弁財天のご縁日です。この日に弁財天が祀られている寺社や神社に参拝したり、お金にまつわる行動を起こすと、金運が高まるといわれています。

・天一天上(てんいちてんじょう)……18日~31日
 方位の神様である「天一神(てんいちじん)」が、天上に行く日。この日から16日間は、どの方角に行ってもいい日とされています。ただしこの期間中、「日遊神(にちゆうしん)」が代わりに家の中にとどまるため、家の中を清潔にしなければ神様に怒られてしまうといわれています。

8月の凶日

・不成就日(ふじょうじゅび)……3日、11日、21日、29日
 悪い結果を招いたり、物ごとが失敗に終わってしまう凶日。事始めに悪く、願かけにも適さない日です。

・土用(どよう)……1日~6日まで
 土用とは、土の気が盛んになる期間。体調不良や争いごと、金銭トラブルなどの凶作用が強くなります。ただし、「間日(まび)」といわれる4日、5日は土用の作用がありません。
 
・十方暮れ(じっぽうぐれ)……9日~18日まで
 十方暮れは、十干(天)と十二支(地)の組み合わせが悪く、天地のバランスが崩れ、何をやってもうまくいかないとされる期間。結婚や旅行、相談ごとの凶日です。

8月の注目日&要注意日をチェック!

 8月は前半から、「土用」「十方暮れ」と凶日が続きます。特に、「不成就日」と重なる3日、11日は要注意日。慎重に行動するようにしましょう。2日はニの丑の日。「う」のつくものを食べて、活力をつけましょう。

 6日までの「土用」期間中、唯一吉日と呼べるのは、「間日」と「満月」が重なる4日。この日の九星は「三碧」で、新しいチャレンジを行うと形になりやすい日。アイデアも浮かびやすいので、自分の好きなことに挑戦してみましょう。

 「土用」明け、秋のスタートである「立秋」の7日は、「大安」と重なる吉日。この日は「午」と「九紫」と火の気が強く、感性や美的感覚が鋭くなります。気になるブランドの服やメイクにトライしてみましょう。魅力が引き出されます。絵を描いたり、音楽に触れるのも吉。

 「十方暮れ」の期間中にお盆がやってきます。お盆初日13日は、「大安」と「一粒万倍日」が重なります。ご先祖様や故人に日頃の感謝を伝えるなら、この日にお墓参りをするといいでしょう。好きなものをお供えしてあげると、気持ちが伝わりやすくなります。

 18日は「十方暮れ」の終わりと同時に、「天一天上」の期間が始まります。神様の怒りに触れないよう、キレイな部屋を保ちましょう。「新月」と重なる19日は、模様替えやDIYをすると、仕事で新たな道が開けそう。昇進やキャリアアップ、新規の仕事の獲得が期待できるでしょう。

 22日の「大安」は、干支は「戌」、九星は「二黒」と土の気が強い日。蓄財運が高い吉日です。お金の預け入れ、貯金箱の購入に適しています。一方、お金を使うのに適している吉日は、「寅の日」でもあり、金の気を持つ「七赤」の日の27日。計画的な買いものが、金運を高めてくれるでしょう。なお、この日は「先負」の日なので、買いものをするなら大吉の時間である午後に行いましょう。

 「天一天上(てんいちてんじょう)」の影響で、1日は南西、2~6日は西、7日~12日は北西、13日~17日は北が凶方位になります。

 8月は、お中元や暑中見舞いなど、贈りものが多くなる季節。吉日に届くように手配をすれば、送る側ももらう側も、ハッピーになれるかもしれませんね。
(咲羅紅)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事