5月7日は蠍座のウエサク満月 執着心を手放して真実の絆を手に入れよう!

5月7日は蠍座のウエサク満月 執着心を手放して真実の絆を手に入れよう!

 5月7日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】蠍座
【満月になる時刻】5月7日19:45
【蠍座満月のキーワード】「生と死」「深い変容」「秘密」「復活・再生」「洞察力と霊感」……etc.

 蠍座は、鋭い洞察力や深みのある思考力をもつ星座。不屈の精神力を持ち、深層心理や霊的な感性とも親和性があります。死と再生を象徴する冥王星を守護星とするため、「生まれ変わりのような深い変容」を起こすのも蠍座に与えられたパワーです。

 そんな蠍座満月が起こる今回の場所は、潜在意識や秘密を司る12ハウス。心の奥深くに光が当たるタイミングといえるでしょう。

 さらに今回の満月は、天界と地上界のエネルギーの扉が開く、といわれている「ウエサク満月」。世界中にパワフルなエネルギーが降り注ぐときです。日本でも古来、京都の鞍馬寺で満月祭が執り行われ、この満月を祝います。

 心の底に眠る強い思い込みや執着心を手放して、潜在意識レベルから自由になれそうな満月。揺るがない集中力や、愛する人との深い絆を手に入れることを思い描きながら、手放し&改善を誓ってみましょう!

★蠍座満月にオススメの手放しテーマ★

 今回の満月は、蠍座的な長所が裏目に出た場合の「嫉妬心」や「支配欲」などを手放すのにも最適です。そのほかにも「婚姻関係」や「血族」などの「深い関係性」における悩みがあったら、この満月で手放していきましょう。

★蠍座満月の手放しテーマ★

「ずっと根に持っている怒りがある」
「無意識に身近な人をコントロールしようとしてしまう」
「思い込みが激しく、まわりのいうことを聞かない」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

蠍座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような蠍座的長所にフォーカスした改善を誓ってみてください。

★蠍座満月の改善ワーク★
「共感力をもって深く人を愛せるようになる」
「1つのことを集中して究めることができる」
「苦境に陥っても復活できる強い精神力を持つ」……etc.

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで行いましょう。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取ってください。

 この日はパワフルなウエサク満月なので、「満月水」を作りましょう! ガラスのボウルに水を入れて、1時間ほど月の光を当てれば完成です。それをお風呂に入れて入浴することで、満月のエネルギーを自分の身体へと取り入れてみましょう。

 満月水は宗教寺院などでもウエサク祭でつくられて参拝者に授与されるもの。ぜひ自宅でもやってみてください。

 蠍座の満月は、ゼロからの再スタートや生まれ変わりのような復活劇を後押ししてくれます。自分の中に眠る深い精神性やパワフルな生命力を目覚めさせていきましょう!
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事