2月9日は獅子座の満月 自信のなさを手放して、輝かしい自分を手に入れよう!

2月9日は獅子座の満月 自信のなさを手放して、輝かしい自分を手に入れよう!

 2月9日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】獅子座
【満月になる時刻】2月9日16:33
【獅子座満月のキーワード】「自己表現」「クリエイティビティ」「生きる喜び」「ロマンス」「自信」……etc.

 獅子座は、12星座で一番「自分らしく輝くこと」や「人生を楽しむこと」にエネルギーがある星座。自己表現力や創造力にあふれ、堂々とした華やかな魅力を与えてくれます。

 そんな獅子座での満月は、自分らしさに関することを見つめ直すのに最適。特に今回の満月は、ホロスコープチャートの中でも「自分自身のありかた」に関する1ハウスで起こります。自分自身の見せ方や第一印象など、魅力に関することもこのハウスのテーマと思っていいでしょう。

 自分の理想の姿や表現したいこと、情熱的な恋愛などを、獅子座的に輝かしくイメージするのがオススメ。「人生を謳歌する楽しみ」を人生に取り込んでいけるよう、手放し&改善を誓ってみましょう!

★獅子座満月にオススメの手放しテーマ★

 今回の満月は、獅子座な長所が裏目に出た場合の「自己中心性」や「大げさな表現」などを手放すのにも最適です。そのほかにも、「人前に出ることの苦手意識」や「人生を楽しめない」などの問題があったら、この満月で手放していきましょう。

★獅子座満月の手放しテーマ★

「輝ける場所がないからと投げやりに生きている」
「人から注目されることに固執するか、逆に逃げ腰になってしまう」
「つい見栄を張って大きなことをいってしまう」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

獅子座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放した後は、空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような牡牛座的長所にフォーカスした改善を誓ってみてください。

★獅子座満月の改善ワーク★
「自信をもって堂々と自分を表現できる人になる」
「恋愛に対して積極的になる」
「人生を楽しくドラマチックなものにする」……etc.

 今回の満月は、日没直前に満月の時刻を迎えるため、月が出てくるときには満ちきった、まん丸の状態でのぼってきます。遊びやロマンティックなムードが大好きな獅子座満月は、恋人や友達と楽しいところに出かけるのがオススメ。晴れていたら、ぜひ友達や恋人と、まん丸の月を眺めてください。

 万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。いつもよりちょっとゴージャスな場所でおいしいものを食べたり、テーマパークに行くなど、童心にかえって遊んでみましょう。獅子座満月の楽しみに満ちたパワーがチャージされて、自分らしい生き方への手放し&改善を後押ししてくれるはずですよ!

 節分や立春も過ぎて、季節は新年度へと進んでいきます。より自分らしく生きられる1年間を目指して、獅子座満月のパワーを味方につけていきましょう。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事