12月12日は今年最後の双子座満月 いい加減さを手放して、未来の学びを手に入れよう!

12月12日は今年最後の双子座満月 いい加減さを手放して、未来の学びを手に入れよう!

 12月12日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】双子座
【満月になる時刻】12月12日14:12
【双子座満月のキーワード】「コミュニケーション」「多方面にマルチな才能」「情報を扱う能力」「軽やかなフットワーク」「知的でクール」……etc.

 2019年最後の満月は、双子座で起こります。双子座は、知性とコミュニケーションを司る星座。情報の収集や言語能力に長け、常に新しい刺激に心を踊らせることができる特徴を持っています。

 そのため今回は、自分のコミュニケーションパターンや、学びに関することについて手放し&改善を誓ってみるといいでしょう。新たに興味を持てそうなことや、心がワクワクする情報などを探してみるのもオススメです。

 特にこの満月は、仕事や稼ぎ方、貯蓄など、経済面に直結することにエネルギーが注がれる惑星配置になります。知的好奇心が高まるときでもあるので、どんな資格を取れば仕事に有利か、または自分の才能で稼ぐにはどんなコミュニティと関わるといいのか、などを検証してみると、実り多い満月になるはずです。

★双子座満月にオススメの手放しテーマ★

 今回の満月は、双子座的な長所が裏目に出た場合の「飽きっぽさ」や「浮気性」などを手放すのにも最適です。そのほかにも「新しい情報に飛びつきすぎる」「ネット・スマホが手放せない」などの問題があったら、この満月で手放していきましょう。

★双子座満月の手放しテーマ★
「興味があちこちに分散してしまう」
「あまりよく確認しないで情報やウワサを流してしまう」
「物ごとを深く探求することが苦手」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

双子座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような双子座的長所にフォーカスした改善を誓ってみてください。

★双子座満月の改善ワーク★
「常に好奇心いっぱいで人生を過ごす」
「複数のことを同時進行で進めていける」
「知的なユーモアにあふれている」……etc.

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで行いましょう。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取ってください。

 この日の夜は、自分が学びたいことについて情報を集めたり、興味のある講座やワークショップに参加してみましょう。近所のカルチャーセンターに講座案内を探しに行く、ネットで新しい講座に申し込みをしてみる、などのワンステップだけでもOKです。この日は楽しい情報や楽しい人に出会える可能性がある1日。ぜひ手放し&改善で思い描いた理想を現実にしていけるような、最初の一歩を踏み出してみてください。

 双子座は、心身ともに若々しさをキープできるパワーも持っている星座です。新しく来る2020年に向けて、いつでも新たな自分でいられるよう、この満月でワクワクする改善を誓ってみましょう。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事