10月14日は牡羊座の満月 イライラを手放して、純粋な生命力を手に入れよう!

10月14日は牡羊座の満月 イライラを手放して、純粋な生命力を手に入れよう!

 10月14日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう(詳しくはこちら)

今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】牡羊座
【満月になる時刻】10月14日6:08
【牡羊座満月のキーワード】「新しい始まり」「情熱」「スピーディー」「直感力」「勝負強さ」……etc.

 牡羊座は、12星座の始まりに位置する星座。生まれたての生命のような純粋な情熱や行動力を持ち、何かをスタートさせる勇気や、勝負に勝ちにいく強さを備えています。

 牡羊座の力を宿すこの満月は、とてもピュアな直感力や決断力が冴えるとき。手放し&改善も、理屈ではなく、ピンときたものや、ふと沸き起こってきたやる気などに注目してみるといいでしょう。

 この日の惑星配置も、向き合った太陽と月に、死と再生の星・冥王星がタイトに結びついている状態です。牡羊座満月へ冥王星が注ぎ込むエネルギーは、徹底した変容の力と深い気づき。自分の心の奥深くに光が届きそうな満月です。

 自分の弱さを払拭し、力強く生まれ変わることを決意して、手放し&改善を誓ってみましょう。

★牡羊座満月にオススメの手放しテーマ★

今回の満月は、心の弱さだけではなく、牡羊座的な長所が裏目に出た場合の「衝動性」や「自己中心性」などを手放すのにも最適です。そのほかにも「雑さ」や「粗野な印象を与えてしまう」などの側面があったら、この満月で手放していきましょう。

★牡羊座満月の手放しテーマ★

「競争心が強すぎて人と揉めてしまいやすい」
「性急すぎてまわりを置き去りにしてしまう」
「いろいろなことがやりっぱなしになりがち」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

牡羊座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような牡羊座的長所にフォーカスした改善を誓ってみてください。

★牡羊座満月の改善ワーク★
「逆境に負けないで戦える力を手に入れる」
「自分の情熱を信じて前に進める人になる」
「やりたいことはスピーディーに行動にうつす」……etc.

 手放し&改善ワークは月の光を浴びながら、心の深いところまで光がしみこんでいくイメージで行いましょう。万一の曇りや雨で月が見えなくても満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを受け取ってください。

 今回の満月は冥王星がからむため、通常の牡羊座満月よりも闘争力が高まる配置です。満月の日はただでさえ興奮しやすいタイミングですが、今回はより感情的になりやすく、人との揉めごとなども起こりやすい暗示。手放し&改善ワークも心がざわついて集中しづらくなるかもしれません。

 そのためこの日は、スポーツ観戦やライブ鑑賞など熱くなれるレジャーで楽しむことがオススメ。直接会場に行かれない人は動画鑑賞などでもOKです。この満月に起こりがちなイライラをやり過ごせて、手放し&改善への直観力や集中力が増すはずです。さらには牡羊座満月が与えてくれる情熱ややる気も充電することができて、満月以降の運気がスムーズになります。

 「スポーツの秋」に起こる牡羊座満月は、人々の健全な心と身体を応援してくれる月です。この満月をきっかけに、生まれ持った体や情熱に目を向けて、牡羊座的な「純粋な生命力」を高めていきましょう。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事