【金星LOVEメッセージ】10月9日~11月2日の恋愛キーワードは「恋のカリスマ」!

【金星LOVEメッセージ】10月9日~11月2日の恋愛キーワードは「恋のカリスマ」!

――金星は愛の星とよばれ、女性の恋愛傾向や恋愛運をあらわします。約1か月間、1つの星座にとどまります。金星×星座のパワーをうまく使って、恋愛上手になりましょう!

10月9日、金星が「蠍座」に入宮

【金星の位置】蠍座 
【期間】10月9日~11月2日 
【キーワード】「恋愛ギャンブラー」「過去の恋」「恋愛のカリスマ」

 「蠍座」=不幸な恋というイメージがありますが、それは間違い。蠍座は狙った獲物は逃さないすご腕ハンター。好きになると一途で、その恋が実らなかったとしても、ずーっと忘れることができないというほど深い愛を捧げます。恋が実ったら、今までとはうってかわってとってもいいパートナーに大変身。金星・蠍座期は実らぬ恋などネガティブな恋をしている人にとっては、そこから抜け出す大チャンス! 今までの自分を清算して、恋愛のカリスマを目指しましょう。いい恋をしている人はさらにステップアップすることも夢じゃない。

出会いを求めている人は

 出会いを求めているのに、いざ出会っても、その気になれないのは、元恋人が忘れられないのでは? そんな忘れられない人がいるなら、思い切って再アプローチをかけてみることをおすすめ。金星蠍座期は過去の恋が思い出されて、愛の復活を願う気持ちが強くなるとき。でも、思い出は美化されるもの。実際に会ってみたら、別れた理由がはっきりよみがえってきて「やっぱりだめ!」と思ったり、相手に新しい恋人ができていて、あきらめざるをえなかったりしそう。現実をきちんと認識することで、次に進むことができるでしょう。相手も、別れたことを後悔していて、元さやにおさまることだってなきにしもあらずです。ただし、また同じことの繰り返しになって別れることになって、二度傷つくこともあるので慎重に行動しましょう。

片思いの人は

 蠍座はギャンブラー。賭けごとが好きで、ギャンブルにはまって天国か地獄かみたいな極端な人生を送る蠍座も少なくありません。そして、金銭面だけでなく、実は恋愛面でもかなりのギャンブラー。まじめな人とダメ男だったら、ダメ男にひかれてしまうという危ない面をもっています片思いの相手が堅実でいい人なら何もいうことはありませんが、金星・蠍座期はアウトローな危ない魅力にひかれがち。「自分が恋人を真人間に更生させてみせる」と思っているなら大間違い。人は気持ちはあっても、なかなか変わることはできません。ましてや、誰かによって変えられるということもほとんどないといえます。さっさと身をひいて、周囲のみんなが祝福してくれて、自分も幸せになれる相手を探すことをおすすめします。

恋人のいる人は

 蠍座はひとつの道を徹底的にきわめるタイプ。その道のカリスマとよばれるような存在になる人も多いようです。そんな蠍座に金星があるこの期間は、恋愛のカリスマとよばれるような存在をめざしましょう。そのためにはたくさん恋をすること。実っても、実らなくても、自分の中のストックがふえていきます。恋愛のカリスマとして、後輩から憧れの存在になれるでしょう。アドバイスを求められることも多そうです。もちろん、自分の恋にも生かせるはず。そんなたくさん恋をしたあなたをうけいれてくれた恋人と現在、おつきあいしているなら、結婚したらさらに幸せになれるでしょう。金星・蠍座期は独身時代フェロモン系だった人ほど、結婚したら、いい奥さんになること間違いなし。恋人がいるなら、あなたの方からプロポーズしても、この期間に婚約orゴールインすることをおすすめします
(小泉茉莉花)

▼小泉茉莉花 公式占いサイト『愛と運命の月占術』
小泉茉莉花 公式占いサイト『愛と運命の月占術』
記事が気に入ったらシェア

関連する記事