12星座【タブーに弱い】ランキング 牡羊座は「ダメ」といわれるほど挑戦したくなる!

 「立ち入り禁止」「閲覧注意」など、「してはいけないこと」を前にして、好奇心や野次馬根性がうずき、注意を無視して探ろうとする人。反対に、怖くて足がすくみ、すぐに引き返してしまう人。どちらも「タブーに弱い」タイプです。12星座ランキングでみてみましょう!

第1位 牡羊座……正義感をざわつかせるタブーの魔力

 「危ないからやめたほうがいい」とか、「きっと無理だからやめなよ」などというセリフは、牡羊座にとっての果たし状も同然なのでしょう。「何いってんの? 平気だよ」と挑戦しようとするはず。けれど逆に、「これ、危険ってなっているけど大したことなかったよ」と耳にすると、「子どもだね。そんなことを試すなんて!」と捨てゼリフで一蹴することも。いずれにしても、タブーを意識してしまうのは、牡羊座に宿る正義感のせいなのかも!?

第2位 水瓶座……タブーに引き寄せられるめずらしいもの好き

 何かしらの注意喚起を見ると、それはどの程度のもので、どのくらい危険なのかを知りたくなる水瓶座です。危ないところにわざわざ立ち入ることはしませんが、その内容を確認すべく、ネットやニュースなどで調べ始めるでしょう。また、どう考えても大したことではないことで大げさにアナウンスしていると気づけば、タブーを犯す気持ちもないまま普通に行動することも。「何それ?」と思えるタブーに惹かれるタイプです。

第3位 蟹座……タブーの理由を確かめたい知りたがり

 「ダメ」といわれたら、「どうして?」とすぐに問う、知りたがりの蟹座です。「開かずの間には何があるのか?」と興味津々になり、パンドラの箱を開けたがるでしょう。一歩進んでのぞくかどうかは微妙なところですが、連れの誰かが挑戦すると聞けば、「うそー、やだー!」といいながらも、「気をつけてね」と声をかけ、後方から見守ることにすることも。怖いもの見たさがどこかにある蟹座にとって、タブーは禁断の魅力になるようです。

 第4位の射手座は、関心のあることへのタブーなら気になって仕方がないけれど、そうでなければスルーするはず。第5位は、実際に経験していそうな蠍座。タブー経験者であっても、黙ってポーカーフェイスを決めるでしょう。

 第6位は、タブーに飛びつきそうな双子座。ウワサから情報を集めても、基本的には他人事。第7位・周囲を見渡す天秤座は、気にはなっても自らタブーを犯すことはしないはず。

 第8位は、みんながそうならと便乗する魚座。場の流れでタブーがタブーでなくなることがあるのかも。第9位・どっしり構える獅子座は、自分がタブーを犯したときでない限り、タブーはどうでもいいのかも。

 第10位の山羊座は、法を犯すことはもちろん、やめたほうがいいことに労力を使いません。第11位・のんびりしたい牡牛座は、タブーを追って面倒に巻き込まれるのはごめんでしょう。

 そして第12位は、いつもきちんとしている乙女座! 危ないこと、よくないことだと思ったら、関わらないのが基本です。どうしても必要ならいざ知らず、遊び半分でタブーを犯すことはしないでしょう。

 「ダメ」と聞くと、気になってしまうという経験は誰にでもあるでしょう。けれどそれに危険が伴う場合は、自己責任で覚悟をしたとしても、最後は他人に迷惑がかかります。タブーの内容によっては、シャレにならないこともあるのです。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事