浮気現場を目撃したときの行動でわかる悪女ぶり 彼に怒りをぶつける人はヘタレ悪女!?

 ストレートに物を伝えず、策略を立てて相手を陥れようとすると聞くと恐ろしい気もしますが、そんな風に性格が悪く心の醜い「悪女」は、あなたの中にも潜んでいるはず……。

 たとえば、彼が女にプレゼントを渡し、よろこんだ女とキスをして抱き合っているところを目撃したら、あなたはどうするでしょうか? 信じていた恋人の浮気は「裏切り」そのもの。裏切りを知った瞬間にとった行動には、ダメージを受けて乱れた心と、己を制する理性が入り混じり、あなたの悪女ぶりがあらわれるのです。

駆け寄って、泥棒猫の女を締め上げる……人のせいにするあくどい悪女

 悪いのはあなたの恋人だというのに、相手の女を締め上げるあなたは、自分の過ちをわかっているにも関わらず、人のことを責め立てて、罪の矛先をほかに向けようとするタイプ。そんなあなたの中には、保身のために誰かを血祭りにあげるあくどい悪女が潜んでいます。現実から目を背けて、「私は悪くない」と思い込もうとするでしょう。どんなに逃げようと事実は1つ。逃げ切ることはできません。

駆け寄って、彼に怒りをぶつける……自己嫌悪に浸るヘタレ悪女

 浮気をした裏切り者の彼は、確かに悪いでしょう。けれど彼の浮気の原因は、自分自身にあるのかもしれない……と自身を省みるあなたは、自らの悪行を理解しながらも悪役をまっとうできない中途半端なタイプ。悪女の資質は低く、強いていうなら自己嫌悪に浸るヘタレ悪女というところでしょう。彼に怒りをぶつけることは、その裏にいる自分自身を責めることに通じる行為なのです。

駆け寄って、どういうことかを問いただす……悪女になりきれないモラル派

 どんなことにも理由があるはずで、そこにある真実のすべてを把握しようとする現実的なあなたは、悪女になりきれないモラル派です。自ら犯した過ちを前にしたときも、「なぜ、こうなったのか?」「最善を尽くす方法は何か?」と、起きた事柄を整理して、今後に役立てようとするでしょう。つらい現実を前にしても、自己憐憫に浸ることなく、そのすべてを知ろうとするタフなタイプです。

ショック過ぎて、その場で茫然とする……事実を受け入れるアンチ悪女

 ショックなシーンを目撃し、その場で茫然とするあなたは、状況に合わせて場を誤魔化すことのできない正直なタイプです。自らの過ちがバレてしまったときに、仕方がないと自分の非を認めるあなたは、事実を受け入れるアンチ悪女でしょう。駆け引きのためにウソをついたり、その場を取り繕おうと手八丁口八丁でずる賢くやりすごすことが苦手なはず。悪女が苦手で、悪女になれないあなたです。

写真を撮って尾行する……禁断を追い求めるM女系悪女

 探偵さながらに尾行するあなたは、ショックなシーンを追いかける危険なタイプ。これ以上追いかけたらもっとつらい現実を目撃し、立ち直れなくなってしまうかもしれないのに……。そんなあなたは、まさに禁断を追い求めるM女系の悪女といえるでしょう。彼のメールや着信履歴をこっそり見た経験があるのでは? 収穫の有無に関係なく、こうした行為そのものがあなたを追い込むのです。

証拠を押さえて観察を続け、復讐を狙う……計算高いラスボス級の悪女

 彼にとっての都合の悪い事実が露呈したものの、期間や親密度などはまだわかっていません。今は大人しくしておいて、2人のことを探りつつ、ベストな策を講じようとするあなたは、計算高いラスボス級の悪女です。自身の過ちの際も、どのように乗り越えて逆転させるかを模索するでしょう。どんなときでも大人しく波に飲まれることはなく、「転んでもただでは起きない」底力の持ち主です。

 悪女タイプは、そのときどきによって変わっていくでしょう。悪女に変わる瞬間に目覚めた自分が、悪女の自分を動かすからです。自らを貶めてしまうことのない悪女になることが望ましいでしょう。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事