パスタとカボチャで恋をかなえる! ハロウィン恋結びのおまじない

 恋の悩みや、結婚へのプレッシャーを感じていませんか? 恋人募集中、片思い中、恋人はいるけれど悩ましい状態……など、さまざまな恋のステータスがあるでしょう。今回は、あらゆる恋のモヤモヤを払って、ステキな恋に歩んでいくためのハロウィンのおまじないを紹介します。

2018年ハロウィンの星の配置

 暗黒の神々の力が1年の中でもっとも強まるのが10月31日、ハロウィンの日です。今年のハロウィンの星の配置は、11月のはじまりと同時に下弦の月を向かえる並びになっています。不要なものを捨てたり、浄化をするのによいとされる下弦の月です。この下弦の月のあとに訪れる新月は蠍座です。何かをリセットし、再起動するのにいい新月になります。

 ハロウィンのおまじないをして、手放したいことや不必要なものを暗黒に吸収させて、次の新月から新しいあなたに生まれ変わりましょう! 恋の悩みや重荷から解放されて、ステキな恋愛と結婚に歩んでいくのです。

ハロウィンのおまじない

<用意するもの>
・カボチャ料理
・パスタ
・好みのパスタソース
・あら塩

 カボチャは恋愛運、パスタは結婚運を高めるといわれています。ハロウィンの当日、カボチャとパスタを食べましょう。カボチャのパスタを作ってもいいですし、パスタはパスタで、焼きカボチャ、煮カボチャ、カボチャのスイーツなど、どんなメニューでもかまいません。

 カボチャのお惣菜や、レトルトのパスタソース(カボチャソース)もOKですが、ひと手間かけたほうが、おまじないの効果が上がるでしょう。

おまじないのやり方

(1)ぐつぐつと沸騰した鍋に浄化のあら塩(食用)を入れ、消えてほしい恋の悩みや結婚への不安などを思い浮かべながら、パスタを茹でましょう。

(2)パスタが茹で上がったら、粗熱をとり、2本のパスタを写真のように結びます。1本はあなた、もう1本は恋人をイメージして、やさしく結びましょう。

musubu

 この結び方は、ローマに伝わるヘラクレスの力を秘めた、「永遠の愛」を意味する結び目「恋結び」です。途中で千切れたときは、別のパスタでやり直してください。別れたい相手のことでおまじないをした人は、茹で上がったパスタのすべてを包丁で適当に切って短めにしてください。

(3)パスタソースをかけて、最後に恋結びのパスタをのせたらできあがり! 用意したカボチャ料理と一緒に食べましょう。

(4)残さず食べたら、食器などをキレイに片付けます。そして片付け終わった部屋で、ゆったりと座り、ピュアな恋の力が増すことを感じましょう。

 「恋結び」のデザインのアクセサリーを身に付けるのもオススメです。「恋結び」を意識して探していると、リングやネックレスなどが売られていることに気づくでしょう。手作りもしやすいので、おまじないとして取り入れてみるといいでしょう。
(LUA)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事