【アロマ占星術】10月23日、太陽が蠍座へ 怒りや嫉妬心をアロマでサポートしよう!

――植物の成分や芳香によって心身を癒やすアロマテラピー。実はハーブやアロマは古代より占星術と密接に結びついてきました。私たちも古代の叡智であるアロマを使って、心地いいセルフケアをしてみませんか?

太陽で導くアロマ占星術

 私たちが現在暮らしている1カ月や1年という区切りは、太陽のリズムと一致しています。太陽は月に一度だけ星座を移動。太陽が滞在している星座は、その期間、世の中の雰囲気や人々の心身に影響を与えます。

 10月23日、天秤座にいる太陽が「蠍座」に移動します。その後11月22日までは、蠍座の影響を大きく受けることになります。星座や惑星との関連植物から、この時期に起こりやすくなるメンタルの変化をよりよくサポートしてくれるアロマを紹介します。

蠍座太陽期の特徴

【今回の太陽の位置】蠍座(水のエレメント)
【期間】10月23日~11月22日
【ポジティブなメンタル症状】集中力が増す、洞察力が鋭くなる
【ネガティブなメンタル症状】嫉妬深くなる、復讐心が強くなる

 蠍座は、鋭い洞察力や強い集中力を象徴する星座。秘密を見抜くことや裏の事情を察知することに長けています。また「死と再生」や「性」に関わることも象徴し、この期間、通常は見ないようにしている「深い物ごと」や「秘めた感情」にエネルギーが注がれるでしょう。

 特に今回の蠍座太陽期は、昨年秋から1年間続いていた「蠍座木星期」の最後の月に当たります。蠍座エリアの終わりのあたりを「拡大・発展の木星」が通過することになるため、蠍座の特徴である「ディープな感情」や「心の奥底を深く見つめる作用」が通常より強く出てきやすくなります。

 そのため、蠍座の特徴が悪いほうに働いてしまう可能性も高く、これまで我慢してきた怒りが再燃したり、嫉妬やうらや望に苦しむことも起こりそうな暗示です。

 でもそれは、次の射手座木星期で思いっきり理想へジャンプするためには大切なことでもあります。そうした「湧き上がってくる深い感情」を上手に手放していけるよう、サポートアロマを使っていきましょう!

牡羊座・獅子座・射手座(火のエレメント)……オレンジ

 火のエレメントの人たちは、この時期、これまでの対人関係や自分が所属していた場所をバシッと切りたくなる可能性が出てきます。我慢していた事柄があれば、それが限界に達してキレるような危険性もあるでしょう。ハッピーな気持ちになれる「オレンジ」を使ってみましょう。太陽のアロマであるオレンジは、火の星座本来の前向きな明るさを呼び覚ましてくれる作用を持っています。起床後に香りをかいで、1日のスタートを整えるのがオススメです。

牡牛座・乙女座・山羊座(地のエレメント)……サンダルウッド

 地のエレメントの人たちは、自分のコミュニケーションの取り方やパートナーシップのあり方にイライラしそうな時期となります。自分に厳しい地の人たちは、そんなイライラを誰にもいえず1人で落ち込んだり、人と会うことすらおっくうになってしまうかもしれません。怒りや落ち込みでツライ秋を過ごすことにならないよう、落ち着きと癒やしをもたらす「サンダルウッド」を毎日使ってみましょう。入浴時に湯船に入れたり、お風呂上がりのマッサージでやさしい香りを満喫するのがオススメです。

双子座・天秤座・水瓶座(風のエレメント)生まれの人……レモングラス

 風のエレメントの人たちは、仕事や金銭面において、他者への羨望や嫉妬心が出てきやすくなります。普段知的でクールな風の人たちにとってはめずらしいことかもしれませんが、それだけに扱いにくい感情に苦しむ可能性が高い時期となります。さわやかな香りでリフレッシュを促してくれる「レモングラス」を使ってみましょう。頭脳を明晰にする作用があるため、本来の理性的な考え方を呼び覚ましてくれるはず。ルームスプレーなどで、軽やかに香りを楽しむのがオススメです。

蟹座・蠍座・魚座(水のエレメント)……パチュリー

 蠍座太陽期の影響が一番出やすい水のエレメントの人たちは、「対人面における自分のあり方」を見つめ直すことが起こりそうです。もし解決しなければいけない問題があるなら、その際は自分の感情ととことん向き合うことを大切にしましょう。蠍座の象徴アロマである「パチュリー」を使ってみてください。パチュリーはアロマテラピーの中で最も深いベースノートオイル。心の奥底をしっかり見つめることをサポートしてくれます。悩みが浮上したときに嗅ぐようにするのがオススメ。

 蠍座太陽期の影響は、太陽が射手座へ移動する11月22日まで続きます。木星は11月8日に射手座へと移動しますが、太陽が蠍座に残っているうちは、蠍座的な感情ケアを続けてみてください。
(永沢蜜羽)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事