12星座【転身上手】ランキング 魚座は感じるまま、流されるまま、社会を縦横無尽!

 社会人になって何年か経つと、多くの人は思い切った方向転換ができなくなります。知らない世界に飛び込む勇気が持てず、現状維持に甘んじてしまうのです。でも、中には今あるすべて投げ打って、イチから新しい人生を始められる人もいます。今回は、そういう「転身上手」な星座をランキング!

第1位 射手座……第三、第四の人生を生きる強者も!

 「ここではない、どこか」への憧れを常に胸に抱いている射手座。目の前にある安定より、たとえ不安定であっても未来の可能性を追い求める、「永遠の冒険者」タイプです。非常に楽観的なので、「おもしろそう!」で転身を決め、うまくいかなくても「ま、いいか」と仕切り直すことができます。大企業のOL→海外で職人生活→帰国して農業→絵描きとなって日本一周など、バラエティに富んだ肩書きを持つでしょう。

第2位 双子座……興味本位でコロコロ変わる

 地頭がよく、あらゆることに才能を発揮する双子座は、多方面で活躍する力をもともと秘めています。しかも、12星座イチ旺盛な好奇心の持ち主で、おもしろそうな案件を決して見逃しません。東にベンチャー企業起ち上げの誘いがあれば行って協力し、西に芸能活動のチャンスがあればつかみ取ってデビューを図ります。その合間にマグロ釣り漁船に乗り込んだりもするのです。

第3位 魚座……感じるまま、流されるまま

 魚座にとって、社会は大きな海のようなもの。海には確固とした区分けも方向性も存在しないため、そのときどきの潮目を直感的に読んでいかなくてはなりません。魚座は感じるままどんどん境界越えをし、社会を縦横無尽に泳いでいきます。周囲には大胆に見えるかもしれませんが、本人にしてみれば、ほとんど無意識の転身なので、「みんながなぜ驚くのかわからない」のです。

 第4位は、勇気りんりんの牡羊座。人生を投げ打つのも、新たな世界に飛び込むのも得意です。ただ、トップを目指したいタイプなので、上位星座ほど転身を繰り返したりはしないでしょう。第5位は、スマートな天秤座。愛されキャラなので何かとスカウトの声がかかります。チャンスと思ったら、さわやかに華麗なる転身をキメてみせます。

 第6位は、秘書体質の乙女座。心酔している人の後を追いかけて方向転換することが。相手の役に立ちたい、といういじらしさのある人です。第7位は、繊細な蟹座。なじみのない世界が怖いので、転身には及び腰です。とはいえ、優しい先導役さえいれば、いきなり転身を決める潔さもあるのです。

 第8位は、堅実な山羊座。せっかく築き上げた実績を手放したくありません。しかし、確実にいい待遇が待っているとわかれば、自分を賭けてもいいと感じます。第9位は、忠誠心の強い牡牛座。乗りかかった船には最後まで乗っていたいタイプです。腰が重くて、乗り換えが面倒という説もあります。

 第10位は、「自分は自分」の水瓶座。唯一無二の存在になりたいタイプなので、転身によって自分のアイデンティティを失うようなマネはしたくありません。第11位は、しぶとさには定評のある蠍座。変わり身の激しい人間を内心軽蔑しているので、自分は藁にしがみついてでも転身などしない所存です。

 そして第12位は、気位の高い獅子座。選んだ道にプライドを持っているため、転身しようなどとは一瞬たりとも思いません。最期まで王妃であり続けたマリー・アントワネットさながら、行き着く先が破滅であるとわかっていても、我が道を昂然と突き進むのです。

 転身を図って多角的に人生を広げていくのも、「選んだこの道」を歩き通して、深みのある人生にしていくのも、どちらも素晴らしい生き方です。あなたらしい人生に自信をもって生きていきましょう。
(月星七海)

12星座のトリセツ!

占いTV NEWSオススメ番組
星座バラエティ『12星座のトリセツ!』

星座ごとに性格・恋愛・結婚・仕事まで徹底解説!
私とあの人の意外な一面知りたくない?

オンデマンド放送を見る

記事が気に入ったらシェア

関連する記事