【9月の開運壁紙】恋愛運は「浜辺の白浜」、仕事運は「月見草」で運気アップ!

――何気なく目にするスマホや携帯電話の待ち受け、パソコンの壁紙は、簡単に運気アップを狙えるツール。新しい1カ月、気持ちを切り替えると同時に壁紙も一新して、いい運気を取り入れましょう!

 9月は、天盤の中央に「七赤金星」が位置する月です。この星の象意は「金物」や「金属」。物質面での充足、また同時に「実りの秋」をあらわしています。人脈を広げたり、縁を結んだりするのに向いているので、金運や恋愛運アップ、またビジネスチャンスを狙うのにもいい時期です。さらに、七赤金星には「口」という象意もあります。最近ツイていないと感じる、どうしても達成したい目標がある……そんな人は、食べることや話し言葉を大切にすることで、運気上昇を狙えるでしょう。

 それでは運気別に、9月オススメの開運壁紙を紹介します。

恋愛運アップの壁紙……海辺の白浜の写真

 9月の恋愛の吉方位は東北。9月は七赤金星と相性のいい「一白水星」が天盤のその位置にきているので、双方の要素を掛け合わせた「海辺の砂浜」の待ち受けがいいでしょう。陽に照らされて白く明るく写っている、あるいは白い入道雲や白波などが写り、画面に白が効いているものが◎。また、新しい出会いには「海辺の白浜に雨が降っている」画像を。雨が降ることで、吉方位の一白水星が強調されます。ただし、画面が暗いものだと陰の気が入り込んでしまうので、こちらもできるだけ明るい写真がいいです。

金運アップの壁紙……ビールの写真

 金運もまた、最大吉方位は東北です。天盤には一白水星が位置します。七赤金星は「酒」の象意も持つため、9月は並々と注がれた「ビール」の待ち受けがオススメ。ビールの「黄色」は七赤金星の基本色の1つであり、金運アップの色です。また、一白水星の「水」の要素もあわせ持っています。グラスに適度な泡があれば、なおいいでしょう。ビールを「口」から体内に取り込むイメージを持つことで、ぐんぐん運気が上昇し、臨時収入運も得られます。ただ、背景が華やかすぎるとお金が出やすくなるため、あくまでもシンプルな画像に。

仕事運アップの壁紙……月見草の写真

 仕事運には、美しい白い花びらを持った、秋の花である「月見草」の待ち受けが有効です。「白」は七赤金星の基本色の1つで、月見草自体も七赤金星の象意となります。また、七赤金星には「人脈」という意味もあるので、象意そのものの画像を待ち受けにして強調することで、自分の味方を増やし、仕事がしやすくなるでしょう。職場の人間関係運アップには、「群生している月見草」の画像を。花が多ければ多いほど、周囲の人々とのやり取りがスムーズになります。

健康・ダイエット運アップの壁紙……少女の写真

 健康運には、やはり七赤金星の属性を持つ「少女」の待ち受けを。見ていて「かわいらしい」と思えるような女の子の写真がいいです。特に大きく口をあけて笑っている少女は、口からいい気を体内に取り入れることになり、健康増進が期待できます。運気を上げる緑色の服を着ていれば、なおよし。ダイエット運をアップさせるなら、「少女の背景に鏡が映っている」画像にしましょう。少女が鏡をのぞき込んでいるとベストです。美容運アップに有効な鏡を見て自分の姿を振り返ることで、ダイエットへのやる気を維持できます。

 巡ってくる運気と相性のいいアイテムを壁紙にすることで、その月の持つパワーをより効率よく受け取ることができます。9月は「口」を使う、つまり食べることが開運につながる、秋にふさわしい月。秋の味覚とともに気の置けない友人とのおしゃべりを楽しめば、よりよい運気が巡ってくるでしょう!
(馬場小歌)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事