「厄年」どう過ごす? トラブルを回避する3つの注意点

 「厄年をどう過ごせばいい?」という質問が“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)「ボーナスコメントタイム」に寄せられた。開運セラピスト・紫月香帆の回答は?

厄年に特に気を付けたいのは3点

スタジオメンバーも、厄年について興味津々
スタジオメンバーも、厄年について興味津々

 厄年と聞くと「厄払いをしないと」とは思うが、忙しかったりしてついつい後回しになることも。やはり厄払いはきちんとしたほうがよいのだろうか。紫月によれば「マストではないけれど、運気の変わり目であることは確か。もし厄除けしてもらうなら近所の神社でも、厄除けで有名な神社やお寺でも構いません」とのこと。

 厄除けするかどうか以上に、日々の生活で注意しなければならないことがあるという。それは、「体調が悪いと感じたら、絶対に自分で運転をしないこと」「借金やローンの保証人にはならないこと」「健康診断を受けること」の3つ。トラブルになりそうなことを最初から遠ざけておけば、厄年でもドンと構えていて大丈夫! さらに紫月は「赤いものが厄を遠ざけてくれるので、下着や靴下などで身につけて」とアドバイスを送った。

 “新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、番組内でリアルタイムに相談や質問に答えてくれる。あなたも恋や人間関係など、悩み事を相談してみては? 詳しくは番組サイトで。
(ニコ)

この記事の模様は

で視聴できます!

ピタットTVとは

  • 視聴者の相談

  • ゲストトーク

  • 話題の鑑定

6時間生放送!豪華占い師とともに、運気が上がる占い情報をたっぷりお届けする世界初の新感覚占いバラエティ! 今話題の人やみんなが気になってる事を占いの見方で話題にする以外にも、お笑い芸人や有名タレントをゲストに迎えてのトークや、視聴者の方の相談にその場で乗ってピタット解決するコーナなど、楽しさ満載です!

出演者

紫月香帆(しづきかほ)
★紫月香帆(しづき・かほ)
少しの気づきで運命が輝く、美魔女開運セラピスト。著書『やってはいけない風水』(河出書房新社)が33万部突破。

記事が気に入ったらシェア

関連する記事

番組を見る