2年前の年賀状は処分! 大掃除に捨てたい対人運ダウンを招くアイテム

2014osozi-taizin

 恋愛運編でもお伝えしましたが、2014年は、「縁」が運気を左右する「四録木星」の年です。身内や周囲の人間、新しい出会いなど、人とのつながりから情報が入ってくることにより、運が回っていきます。つまり、対人関係がスムーズなほど、来年を有意義に過ごすことができるのです。

 そんな年に人間関係運がダウンしたままでいるのは、とてももったいないこと! 部屋に物が多すぎると陰の気がたまりやすく、出会いを運ぶ、いい運気を呼び込めずに終わってしまいます。2014年の人間関係運を活性化させるためには、年末の大掃除は必須! 今回は、年末の大掃除で捨てるべき「人間関係運に悪影響を与えてしまうアイテム」をご紹介。不要なものは処分して、素晴らしい出会いを招く新たな気を歓迎しましょう。

写真立てや置物などのインテリア雑貨……周囲とのトラブルが多くなる

 かわいい雑貨はつい飾っておきたくなりますが、リビングもしくは自分の部屋に、インテリアとして写真や置き物などをたくさん飾るのはNG。その物の持つさまざまな気が混ざり、周囲とのトラブルなどが起きやすくなります。ピンチハンガーなどで天井から吊るすのも同様です。ほこりがたまりやすく運気も下がるため、飾る小物は1~2個程度に決め、それ以外は処分しましょう。雑然とした印象をなくすことで、人間関係もすっきりします。

汚れた掃除道具類……部屋に陰の気がたまりやすくなる

 いくら掃除をこまめにしていても、汚れた掃除道具を使用していると陰の気が落ちにくくなってしまい、開運効果が出にくくなります。年末の大掃除をする際には、今までのぞうきんやモップなどはすべて捨て、新しいものを使用しましょう。まっさらな状態の道具で掃除することで今年1年の邪気をより効果的に取り払うことができるため、来年やってくる新しい人間関係やご縁を呼び込みやすくなります。

枕元にある本や小物……人間関係がうまく築けない

 寝ている枕元に何かを置くことは、風水的にあまりオススメできません。気を取り入れ、運をため込むとされる睡眠の時間、近くに物があると、その気を乱してしまうことになるからです。枕元が荷物置き場のようになっているならば、すぐに片付けや処分をしてください。携帯電話の充電器も、枕元に置くのは避けましょう。すっきりした場所で睡眠をとれば、ストレスが軽減され、人間関係もスムーズになりますよ。

2年以上前の年賀状……人間関係運がダウン

 毎年の特別な便りである年賀状。とっておきたい気持ちはわかりますが、過去の思いにしばられることは運気のダウンにつながるおそれがあります。2年以上前にいただいたものであるならば、思い切って捨ててしまうのが吉です。昔の思い出を手放すことで、新しい縁や発展的な出来事を呼び込むことができるでしょう。本来は燃やして処分するのが一番ですが、できない場合は白い紙に包んでから捨ててください。

 捨てるべきアイテムの中には思い出が詰まっているものも多くあると思いますが、風水では基本的に古いもの=古い気、停滞した気が宿っていると考えます。2014年、新たな人間関係を築きたい人は、未練を断ち切って処分するべきです。滞っている古い縁を手放せば、きっと生まれ変わったような気持ちになれるはずですよ!
(AYAKO)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事