言葉のチカラで毎日ちょっといいワタシに。eyes.+(アイズプラス)で先輩たちのアドバイスをチェック!

言葉のチカラで毎日ちょっといいワタシに。eyes.+(アイズプラス)で先輩たちのアドバイスをチェック!

女子の王道はいくつもあって正解はありません

「輝く女性の生き方と名言を参考に、ひとりでも多くのひとに元気になってもらいたい――。」

 そんな願いを込めたサイトが誕生しました。その名も、オトナの女性の名言・生き方バイブル「eyes.+(アイズプラス)」

 “ほんの一歩先を行く等身大の女性”が、女性に訪れる「ライフイベント」や「ターニングポイント」、「日頃のもやっとした悩み」に対してどうやって対処してきたのか。そして、「憧れの今」を手にしている彼女たちが変わるきっかけとなった考え方・コトバなどを紹介します。

 アナタのもうちょっと「こうなりたい」「こうしたい」「こう感じたい」をそっと引き出し、毎日を前向きに過ごすヒントをお届けします!

 例えば……。

仕事にもやっとするあなたへ
⇒お直しのプロ・庄司博美さんの人生
「冗談じゃない!」そう思っていたことだって、天職になることがある。

 銀座の街で “洋服のお直しのプロ” として活躍する、庄司博美さん。あらゆる洋服の悩み・要望に対応し、提案する洋服のスペシャリストです。そんな彼女も初めは、「お直し専門だなんて、冗談じゃない!」と思っていたとか。でも、「とりあえずやってみる」ことで、仕事の奥深さと面白さを見出していきます……。

【庄司さんの言葉】
・まず装うことから始めていただいて、いつかそれが「なりたい自分」になれればいいんです。
・「冗談じゃない!」そう思っていたことだって、天職になることがある。

>>続きを見る!
「とりあえず」から天職“お直しのプロ”を見つけた庄司博美。偽装から理想に変わる“giso”への想い

複雑な恋愛関係に疲れたあなたヘ
⇒作家・桐島洋子さんの人生
人を愛するのも本気でなければ意味がない。お遊び気分の軽やかな恋愛ゲームなんて全然興味がありません。

 20代を、不倫と呼ばれる恋、そして仕事に生きた桐島さん。そして、30代で3人の子供の父親との別れを決心。彼女が語る“愛”のカタチとは――?

【桐島さんの言葉】
・結婚しなきゃという強迫観念で、できない人が不幸になったりしたりするのはばかばかしい と思います。
・愛というのは、独占欲とか憎しみと裏表になっていて、必ずしも美しいことばかりじゃない。
・人を愛するのも本気でなければ意味がない。お遊び気分の軽やかな恋愛ゲームなんて全然興味がありません。

>>続きを見る!
3人の子供を産んだシングルマザー。桐島洋子の「後悔なんてしない人生」とは

 ……このように、あなたの背中をそっと押す、考え方と言葉を日々紹介します。

 他にも、「恋愛・結婚に効く名言」「女性に効く名言」など、オトナ女性の心に響く名言を幅広くピックアップ!

 さぁ、あなたも言葉のチカラで、「昨日よりもちょっといいワタシ」になってみませんか?(eyes.+編集部)

▼ ▼ さっそく見てみる ▼ ▼
アイズプラスバナー
▼ ▼ 名言集はこちら ▼ ▼
アイズプラスバナー
記事が気に入ったらシェア

関連する記事