【誕生月・恋愛事典】5月生まれの恋はスローペース、異性のいる場所へ積極的に出かけよう!

【誕生月・恋愛事典】5月生まれの恋はスローペース、異性のいる場所へ積極的に出かけよう!

tanzyokoi-05

――生まれ月や季節は、人の運命にどのような影響を与えているのでしょうか。1月から12月まで月の逸話をひもときながら、誕生月別に、幸せな恋をするためのワンポイントアドバイスを紹介していきます。

5月ってどんな月?

 5月は、春と夏の境目です。太陽の位置で季節を等分する24節気では、5月5日前後に立夏となり、夏が始まります。カエルが婚姻の歌を歌い、ミミズが活発に動き、農作業が本格的に忙しくなる季節です。メイデー(5月の日)は、ヨーロッパの農事暦の夏の訪れを告げる祭日でした。生き物すべてが、それぞれに活動しはじめるのです。そんな5月生まれの人の恋愛傾向をみていきましょう。

5月生まれの人の恋……丁寧に相手を見て、少しずつ好きになる

 5月生まれの人は、極上の恋愛ができる人です。ひとつの恋に真剣になるので、恋愛の数自体は多くないかもしれません。丁寧にじっくり相手を見て、少しずつ確かめながら好きになります。美的感覚が鋭く、美しいものに惹かれるので、見た目が好みでないと好きになれないでしょう。そして一度好きになったら、ずっと愛し続けます。相手にも同じ誠実さを求め、浮気は許しません。

幸せな恋をするためには……異性がいる場所へ出かけよう!

 5月生まれへの恋のアドバイスは、異性がいる場所へ出かけていくこと、の一言に尽きます。もし恋が始まっていないなら、それは身近に異性が少ないからです。異性と会う回数が増えれば必ず、5月生まれはステキな恋ができる人なのです。そして、失恋に苦しんでいる5月生まれへのアドバイスも同じです。失恋の痛手を癒やしてくれるのは、新しい恋。でかけましょう。出会いを求めて。

5月生まれと相性がいい人の職業
美容師……一目惚れから恋がはじまりそうです。ただし、焼きもちはほどほどに。
彫金師……美しいものを一緒に愛でる喜びを味わえるでしょう。
染色家……あなた色に染まりたい、そう思わせてくれる相手です。
調香師……強く深く、官能的で濃厚な恋となるでしょう。
園芸家……一緒にいる時間が長くなるほど、愛しい気持ちが深まります。

 5月生まれは、自分の魅力に気づいていないことも多いのです。同性の友達からの率直なアドバイスが参考になります。
(高橋桐矢)
※参考図書/『現代こよみ読み解き事典』(岡田芳朗・阿久根末忠編著/柏書房)

より詳しく知りたい人はこちら
▼▼▼▼▼

生まれた日でわかる「365」の基本性格
記事が気に入ったらシェア

関連する記事