集団行動での立ち位置がわかる心理テスト 一匹狼タイプ? 群れたがる羊?

集団行動での立ち位置がわかる心理テスト 一匹狼タイプ? 群れたがる羊?

【診断できること】
 「一匹狼タイプor群れたい羊タイプ」を診断

 この心理テストのポイントは、野生であること。自分の力で生き抜かねばならない状況だからこそ、どのように環境に向き合い、どうやって生きていくのかといった、基本的なスタンスがわかるのです。
A:猫……好き勝手に生きたい一匹狼タイプ

 猫は独立独歩な生き物。犬のようにリーダーを必要としないため、いつだって君主気取りでマイペースです。そんな猫を選んだ人は、「好き勝手に生きたい一匹狼タイプ」のよう。あなたは、集団行動の窮屈さが苦手で、人から変わりもの呼ばわりされようと、ときにはつまはじきにあってでも、自分の思うように生きているのでは? 人に依存しない、独立心は立派です。ただ、いざというときのために、頼れる友人を何人か確保しておくと、人生がより上向きになりますよ。

B:コアラ……自分の世界に閉じこもる一匹狼タイプ

 木の上で、まったりと1日の大半を過ごすコアラ。ほとんど動かず、水も飲まず、主食であるユーカリの葉を食べて寝るだけの毎日です。そんなコアラを選んだ人は、周囲のことに関心が薄く、結果的におひとりさまでいることが多いのでは? 「自分の世界に閉じこもりやすい一匹狼タイプ」といえるでしょう。あなたの場合、ほっといてもらえるのが幸せなので、人生がどんどんさびしい方向に行きがちなのが、少々気がかり。ときには自分から人と交流を持つようにしましょう。

C:ライオン……群れを利用する羊タイプ

 百獣の王としてライオンが君臨できるのは、プライドと呼ばれる群れを形成し、集団で狩りを行うからだという説があります。個の限界を集団のパワーで乗り越えるのですね。そんなライオンを選んだあなたは、社会的に生きるメリットがよくわかっている人のよう。ズバリ、「群れを利用する羊タイプ」といえるでしょう。あなたは、組織を作って効率よく物事を進めたり、仕事を割り振るなんてことが得意なはずです。技量をつければ、リーダーとしての活躍が期待できるでしょう。

D:サル……群れるのが好きな羊タイプ

 何世代も寄り添って生活するサル。そこには助け合いの精神と共に、情愛のようなものが確かに存在しているでしょう。そんなサルを選んだあなたは、孤独が苦手な寂しがりやのよう。いつも誰かと一緒にいたい、「群れるのが好きな羊タイプ」といえそうです。人懐っこいあなたは、友だちが多く、人気者の評判をとっているかもしれん。ただ、かなり他人に依存するところがあるので、時と場合によっては、誰かのお荷物になっていることも。少し自立したほうがよいかもしれません。

 人は、人の中で生きています。だからこそ、自分のスタンスを自覚しておくと、よけいなトラブルを回避できたり、職業を決めるときなどに、よりよい選択ができるようになるなど、何かと役に立つはずです。幸せな人生のために、ぜひ活用してくださいね。
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事