【心理テスト】空き地にできる建物は何? 答えでわかる、つい夢中になってしまうもの

【心理テスト】空き地にできる建物は何? 答えでわかる、つい夢中になってしまうもの

結果

診断できること
「つい夢中になってしまうもの」

 空き地は退屈を象徴します。そこに建設される建物は、あなたの退屈を埋めるもの。建物の種類から、あなたがつい夢中になってしまうものを診断します。

A:コンビニ……SNSやスマホゲーム

 何でもそろうコンビニは、スマホを象徴しています。あたなが夢中になってしまうものは、SNSやスマホゲームです。数分おきにコメントチェック、ゲームのクエストに合わせてスケジュールを立てるなど、スマホ中心の生活を送っているのでは? 中毒にならないよう、週に1回、スマホをさわらない時間を設けてみるといいでしょう。

B:ディスカウントストア……メディアで話題になった物ごと

 低価格で流行りのものが手に入るディスカウントストアです。あなたが夢中になってしまうものは、メディアで話題になっている物ごとでしょう。テレビや雑誌で紹介された店に出かけたり、アイテムを手に入れたりと、ブームにどっぷりハマります。流行を追いかける最先端な人に思われますが、根は単なるミーハーでしょう。

C:病院……健康・ダイエット

 病院は健康を象徴します。象徴の病院。あなたが夢中になってしまうものは、健康法やダイエット法です。健康になる食材、痩せ効果のあるエクササイズと聞いたら、試してみないと気がすみません。トライするうちに深みにはまり、独自の健康法を編み出すことも。
ダイエットでは、自分をストイックに追い込むこともありそうです。

D:カフェ……おしゃべり

 くつろぎと会話の空間のカフェ。これを選んだあなたは、一度話し出したら止まらないタイプ。夢中になってしまうものは、おしゃべりです。用件だけを伝えるつもりが、話が止まらず気づけば何十分も話していることも多いのでは? 楽しく会話をすることは悪いことではありませんが、相手が迷惑しているときはやめましょう。

 夢中になれるものがあるのは、ステキなことです。ただ、あまりにもハマりすぎて、自分を見失わないようにしましょう。
(小林みなみ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事