【漢字アプライ診断】「なん」といえばどの漢字? 答えでわかるあなたの開運力

【漢字アプライ診断】「なん」といえばどの漢字? 答えでわかるあなたの開運力

結果

診断できること
「あなたの開運力」

 無意識に思い浮かべた漢字が持つ意味で、今のあなたの状態がわかります。選んだ漢字から、あなたが今持っている開運していく力を診断してみましょう。

A:南……右肩上がりで開運

 「南」という漢字は、小屋の入り口から入ってくるあたたかい風、またはあたたかい納屋の中で植物を育てている様子、そして南方民族が使っていた銅鑼のような打楽器をあらわすとの説もあります。あたたかさと成長をあらわすこの漢字を選んだあなたは、今、運気がまさに高まっているところです。偶然と必然に導かれて、右肩上がりで開運していくでしょう。あなたの頭上では、開運のファンファーレが鳴り響いているのです。

B:何……階段状に上がって開運

 「何」という漢字の、にんべんは人をあらわし、可はノドの奥から出した声、または神に願う様子をあらわしているともいわれます。可能かどうかを人に尋ね、神に問いかけているのです。この漢字を選んだあなたが開運するのは、答えを得たとき、つまりハッとするような気づきがあったときです。試行錯誤し、頑張る期間があって、ぐんと伸びる。あなたの開運力は、階段状に上がっていくタイプでしょう。

C:難……一歩一歩地道に開運

 「難」という字は、左側が火であぶっている様子、火に祈りを捧げている様子、または火のついた矢をあらわすとの説もあり、右は鳥をあらわしています。火であぶられる鳥、災難の際の祈り、そして火矢で射かけられたときの苦しさを意味しているのです。この漢字を選んだあなたは、困難な道をあえて進んでいるのでしょう。苦しい道を歩くことがあなたを強く成長させているのです。地道に一歩一歩開運していきます。

D:軟……人に頼って開運

 軟という漢字のもとの形は、輭(ぜん)で、馬車をあらわす車と、右側は神に仕える人や弱い人をあらわすとされ、やわらかい材料で車を作っていたことから使われるようになったそうです。この漢字を選んだあなたは、自分1人で運気を切りひらいていくよりも、人に頼って、人の力で開運していきます。あなたの周りには助けてくれる人がいるはずです。自分の弱さを知っている人が、本当は一番強い人なのかもしれません。

 同音異義語を知るメリットはあるのでしょうか。音が同じで意味の違う言葉は、語呂合わせや、だじゃれや謎かけを作るときに役立ちます。
(高橋桐矢)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事