SNSで運気ダウン!? アカウント名が4画、34画の人は自ら破滅の道を選びそう

 SNSの現代、誰でも1つはアカウント名を持っているでしょう。しかし、安易につけると人生が狂い出す危険性も!? 名前の画数にはそれぞれ意味があり、持ち主の運命に作用するパワーが潜んでいます。そのため、しょっちゅう使うアカウント名がよくない画数だったりすると、人生がダダ下がりになりかねないのです。

画数の数え方の注意点

 「さんずい」は、水をあらわすことから4画、数字はその数字の数を画数とする数え方がありますが、ここでは1画はあくまでも1画とします。つまり、「さんずい」は3画、数字の「7」は2画です。

 また記号、「・」「☆」「。」などは1画と数えます。「ミス・マダム」というアカウント名なら15画となります。

 上記を踏まえて、避けたほうがいい危険な画数を紹介します。

2画、10画、20画、46画……パワー不足で低迷しやすい

 気力、体力、忍耐力といった「パワー」が不足して、人生が低迷しやすいのが2画、10画、20画、46画の人。みすみす目の前のチャンスを逃してしまう。ここぞというときに頑張れないといった、何とももったいない状況に陥りがちです。2画、10画、46画は精神的な弱さから物ごとが尻すぼみになりやすく、20画は健康上の問題を抱える傾向があるでしょう。

4画、34画、40画、42画……自ら破滅の道を選んでしまいそう

 自滅型の凶運を持っているのが、4画、34画、40画、42画の人。自分に甘く、他人への依存が強すぎる4画、42画は、しだいに周囲から疎まれて孤立化へ。自分の殻に閉じこもって外部を遮断する34画は、人生がさみしくなりがちです。40画は、自分の考えを絶対視する、独断の持ち主。自信過剰で足をすくわれ、不運の泥沼に落ちる可能性が高いでしょう。

9画、19画、22画、36画、49画……自分本位で浮き沈み

 感性が鋭かったり、リーダーシップに富んでいたりして、一時は隆盛を誇るものの、自分本位な態度が原因で運の急降下を招くのが、9画、19画、22画、36画、44画、49画をもつ人。9画、36画は強引さで周囲と揉めやすく、19画は気まぐれな振る舞いで運を破ります。22画、49画は見栄っ張り。虚勢を張りすぎて自ら墓穴を掘る傾向がありそうです。

12画、26画、28画、44画……周囲の犠牲になりやすい

 他人のトラブルに振り回されて、人生が暗転しがちなのが、12画、26画、28画、44画の人。なかでもやさしさにつけ込まれるかたちで、人の尻ぬぐいをするハメになりやすいのは12画と26画。人のいいなりになりすぎないようにしましょう。親やきょうだいなど、おもに身内から足を引っ張られる暗示があるのは28画と44画。ときには一線を引くことも大切です。

14画、30画、43画、50画……金銭トラブルに要注意

 なぜか金銭トラブルが絶えない。いくら稼いでも、右から左へお金が消えていってしまう。そんな不運に見舞われやすいのが、14画、30画、43画、50画の人。金銭への執着心から、かえって詐欺などの被害にあってしまうのが14画。逆に危機感が薄く、あればあるだけ使ってしまうのは43画。投資やギャンブルなどで身を滅ぼしかねないのが30画、50画です。

 凶運パワーをもつアカウント名は、使い続けるほど人生に悪影響を及ぼす負の元凶になりかねません。早めに改名して、ラッキーな人生を送りましょう!
(夏川リエ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事