【心理テスト】作りたいスープでわかる、恋人と一緒にいてほっとするとき

【心理テスト】作りたいスープでわかる、恋人と一緒にいてほっとするとき

結果

診断できること
「恋人と一緒にいて、ほっとするとき」

 スープは体の芯まであたためてくれてほっとする料理です。寒さは人恋しさをあらわします。どんなスープを作ったかであなたが、恋人といてほっとできるときがわかります。

A:ミネストローネ……手をつないでいるとき

 トマトベースの具沢山のミネストローネは、健全さの象徴。これを選んだあなたが恋人と一緒にいてほっとするのは、「手をつないでいるとき」です。あなたはプラトニックな愛情を求める傾向があります。人恋しいときには、恋人と手が触れているぐらいのつながりが、一番ほっとできるのです。

B:コーンポタージュ……エッチをしているとき

 粒がたくさんのコーンポタージュは、多産と繁殖・繁栄の象徴。これを選んだあなたが恋人と一緒にいてほっとするのは、「エッチをしているとき」です。あなたは自分の身体に魅力があると感じているよう。そのため、相手に身体を求められないと不安を感じます。エッチで彼と1つにつながっているときがほっとできるのです。

C:パンプキンスープ……食事をしているとき

 パンプキンスープは収穫を意味し、食をあらわします。これを選んだあなたが恋人と一緒にいてほっとするのは、「食事をしているとき」です。あなたは彼に対して食事を作ってあげることに幸せを感じるタイプ。作った料理を彼と食べ、おいしいといってくれることに喜びを感じ、ほっとすることができるのです。

D:豚汁……朝起きて横に相手がいるとき

 野菜と豚肉のたっぷりの豚汁は日常を示します。これを選んだあなたが恋人と一緒にいてほっとするのは、「朝起きて横に彼がいるとき」です。あなたは彼との何気ない毎日を大切にしたいタイプ。そのため、1日の始まりに相手の顔を見ると安心でき、とてもほっとするのです。

 恋人と一緒にいてほっとするというのは、相手も心を開いてくれているからでしょう。彼にとってスープのようなほっとできる存在でありたいものですね。
(ZERO)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事