血液型【転職するときの面接】あるある O型は今までの実績を盛ってアピールする!

 キャリアアップのために、今よりも少しでもいい生活をするために転職をしたい! そう考えているなら、まずは転職先を探し面接をパスしなくてはなりません。あなたなら、パスするためにどんな自己PRをしますか? 血液型別にみていきましょう。

A型……これまで取得した資格をアピールする

 真面目で努力家のA型。転職を決めたら、今の仕事をしながら、次の職場で資格を取ったり、技術を身に着けたりするでしょう。そうすれば、有利に話が進み、採用されやすいと考えてのことです。履歴書に転職のために取った資格を書くのはもちろん、関係なくても自分が取得した資格をすべて書き連ね、アピールするのです。

B型……コミュニケーション能力の高さをアピールする

 どんな人ともすぐに打ち解けられるB型。自分の最大の武器は、コミュニケーション能力だと思っているので、転職の面接ではそれをアピールします。どこの部署に配属されてもすぐになじむ自信があることだけでなく、飲み会では宴会芸を披露し場を盛り上げられることまで話すでしょう。初対面の面接官の前でも、冗談をいう余裕もあります。

O型……今までの仕事の実績を盛ってアピールする

 したたかなO型は、転職の面接のときには、これまでの仕事の実績をちょっと盛ってアピールします。本当はサポート役だったのに、プロジェクトリーダーとして新規事業を成功に導いたなどというでしょう。堂々とした態度でいうので、面接官に疑われることもなく、すごい人物かもしれないと思われることに成功します。

AB型……この会社がいかに好きかをアピールする

 好きなことを仕事にしたいAB型は、会社愛が強いタイプです。転職をするなら、ずっと憧れていた会社を目指すでしょう。面接のときには、その会社の商品がどれほど好きか、その会社の手がけた事業がどれほど素晴らしいと思ったのかを熱く語ります。その情熱に、面接官は心を動かされるでしょう。

 これまでの仕事の経験を活かせて、自分の夢により近づけるような転職ができれば、毎日の充実度は増すでしょう。もし転職をするなら、今よりもグレードアップした生活を手に入れたいものですね。
(紅たき)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事