12星座【茫然自失】ランキング 牡羊座は後先を考えずに突き進んで茫然自失に!?

 あっけにとられて、茫然としてしまうときは、どんな人にもあります。けれど、人によって、周囲が茫然自失になっていても何とも感じず、まったく気づいていないケースもあります。12星座で、茫然自失になりやすい人をランキングしてみましょう。

第1位 山羊座……常識人間だからこその茫然自失

 常識的でしっかり者の山羊座にとって、その気質が裏目に出てしまいがちなのが、茫然自失の瞬間でしょう。普通はこうなるはず、常識で考えてそれはあり得ない……という考えが先に立ち、どの発想にもかすりもしないような出来事を前にすると、「え!? 今、何が起きたの?」という混乱状態になるのでしょう。あっけにとられた山羊座は、口を開けたままその場に立ちすくみ、人からかけられた「大丈夫?」の言葉で、ハッと我に返るタイプです。

第2位 蟹座……感情移入するからこその茫然自失

 「もうさ、唖然って感じ!」「目が点!」などという発言を、蟹座から聞いたことのある人は少なくはないはず。どんなときでも気持ちを第一に扱う蟹座にとって、驚きの瞬間や、あっけにとられるようなときは、よくも悪くも期待を裏切られ、「え!?」「まさか!」という思いで凍りつくのでしょう。自分だけその場で時間が止まったような感覚で、すべてがスローモーションで流れていくようです。気持ちを入れ込む蟹座ならではの茫然自失でしょう。

第3位 牡羊座……後先を考えずに突き進むがゆえの茫然自失

 いの一番に行動する牡羊座は、いつでも特攻モード。思いついたら即座に動いて、我先にと挑戦していくでしょう。思い切りのいい牡羊座に怖気づく暇はなく、後先を考える前に突き進んだ結果、「えーっ!」「そんなはずじゃ……」というてん末を招くことも。こういうとき、1人静かに茫然自失に浸るでしょう。とはいえ、立ち直りは早く、ほとぼりが冷めると同時に次の目標に進みます。さっきまでの茫然自失を葬るためにも、立ち止まってはいられないのかも。

 第4位は、天秤座。周囲との足並みを合わせることに余念がなく、茫然自失に敏感に反応します。第5位は、いつもはトンチの利く双子座。あっけにとられた瞬間に、いつもの自分を失って茫然自失に。

 第6位・牡牛座は、平穏を乱された瞬間にショックを受けて茫然自失になるでしょう。第7位の獅子座は、茫然自失の自分と、気丈に立ち回る自分のどちらかで決め込もうとするどっちつかずタイプ。

 第8位の乙女座は、一瞬目を疑って固まるものの、何とかしなくてはと現実に戻るでしょう。第9位の行動範囲の広い射手座は、茫然としてしまうようなシーンに慣れているみたい。

 第10位の水瓶座は、サプライズのシチュエーションを楽しむので、あっけにとられるシーンに釘づけに! 第11位は、状況に流される魚座。茫然とするというよりも、あれよあれよという間に、なるようになっているでしょう。

 そして第12位は、深読みする蠍座! 常日頃から、人の裏の裏までみようとしているので、そんなはずがないと思うような出来事に直面しても、「やっぱりね」「そんなこともあるだろうね」と冷静で、茫然自失にはならないはず。怒りや恨みを感じたときの仕返し行動までスムーズに運ぶでしょう。

 慌てて動くことが最善ではないけれど、茫然自失で何もできない状態もいけません。どんなときにも冷静に現実を受け止めて、今はどうしたらいいのかを考えられる自分でいられることが望ましいはず。固まる時間を最小限にできるといいですね。
(LUA)

12星座のトリセツ!

占いTV NEWSオススメ番組
星座バラエティ『12星座のトリセツ!』

星座ごとに性格・恋愛・結婚・仕事まで徹底解説!
私とあの人の意外な一面知りたくない?

オンデマンド放送を見る

記事が気に入ったらシェア

関連する記事