血液型【ルームシェア】あるある A型は厳密なルール決め、AB型は気疲れでくつろげない!?

血液型【ルームシェア】あるある A型は厳密なルール決め、AB型は気疲れでくつろげない!?

ketuaru-ryumuseha

 広い住まいを何人かで借りるルームシェア。1人で部屋を借りるより家賃は安くあがりますし、合宿気分で楽しく暮らせます。ただ、他人同士が一緒に住むのですから、生活習慣の違いなどから、揉め事が起こる可能性もなくはありません。あなたがルームシェアをしたら、どうなるのでしょうか。血液型別にみていきましょう。

A型……厳密にルールを決める

 しっかり者のA型。ルームシェアで快適に暮らすためには、ルームメイトとの間には、きちんとルールを決めるべきだと思います。掃除当番、冷蔵庫の使い方、友達や恋人を家に呼んでいいかどうかまで、細かく話し合いをするでしょう。ルームメイトは、A型との決め事を、初めは面倒くさいなと思うかもしれません。しかし暮らし始めると、几帳面でルールをきちんと守るA型との生活は、揉め事がなくとても快適なのです。

B型……距離をおいて暮らす

 プライベートを重視するB型は、本来ルームシェアにはあまり向かないタイプ。もしルームシェアする場合は、ルームメイトとは、一緒に食事をしたり、話し込んだりすることはあえてしないでしょう。同じ家に住んでいるのに、お互いに何をしているのかよくわからないといった、すれ違いの生活をします。距離があるからこそ、お互いにストレスなくルームシェアできるのです。

O型……相手の物を勝手に使い怒られる

 おおらかで細かいことを気にしないO型。ルームメイトとの間に、何かルールを決めたりはしないでしょう。お互い好きなように暮らし、何か不満があったら言えばいいと思います。ときには、ルームメイトの物を勝手に使って怒られたりするO型。しかし、「ゴメン」と素直に謝り、おわびに食事を作ってくれたり、掃除当番を代わってくれたりするので、ルームメイトは「まあいいか」とO型を許し、ルームシェアは意外と長続きするのです。

AB型……気を使ってくつろげない

 神経質なAB型は、ルームシェアするのはあまり気が進みません。しかし、気が弱いので、友達から同居を頼まれたら断り切れないでしょう。同居生活が始まったら、案の定、お風呂に入るのも、トイレを使うのも、ルームメイトに気を使います。初めは、家にいてもなかなかくつろぐことができません。ただ、落ち込む出来事があったときなどには、家に帰って一人ぼっちより、話を聞いてくれるルームメイトがいてよかったと思うのです。

 ルームシェアには、向き不向きがありますので、自分の性格を見極めてからする必要があるでしょう。もしルームシェアをした場合には、せっかくなので、いろいろ工夫して楽しく過ごしたいものですね。
(紅たき)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事