12星座【もしも人類最後の1人になったら?】獅子座は宇宙と交信しようとする!?

12moshimo-hitori

 対人関係のトラブルや、面倒なお客の相手で心底疲れたとき。「ああ、1人になりたい」と思うことがありませんか。でも、もしも本当に、ある日、あなた以外の全人類がいなくなってしまったら? 12星座はいったいどうするのでしょうか?

牡羊座……旅に出る

 どんな原因で人類最後の1人になったとしても。牡羊座はとにかく、いてもたってもいられなくて、とにかく、どこかに行こうとするでしょう。運転できるなら車で、乗り物がなくても歩いて、旅に出ます。じっとしていられないのです。だれもいない都市や街を巡るうちに、本当に1人なのだと実感して、そのまま、あてどなくさすらい続けるでしょう。

牡牛座……自給自足生活をエンジョイする

 牡牛座はどんな環境でも、タフに生き残っていく生命力の持ち主です。人類最後の1人になってしまったショックはあるでしょうが、それでもとにかくがんばろうと決意します。食糧確保のために畑を作ったり、魚を釣ったり、さまざまな試行錯誤の末に、自給自足で生活していけるようになるでしょう。そのころには日焼けしてすっかりたくましくなっています。

双子座……さみしくて耐えられない

 双子座は実はとてもさみしがりです。人類最後の一人になってしまうという状況は双子座にとっては、かなりのダメージ。なぜなら、会話ができないからです。動物は言葉を返してはくれません。話しかけても返事がない生活は、さびしくて耐えられません。双子座は、どうしても誰かにこたえてほしくて、会話ができるAIロボットを作ろうとするでしょう。

蟹座……動物に癒やしを求める

 蟹座もさみしがりですが、人間がいなくなっても動物たちがいれば大丈夫。むしろ、人がいなくなって、世話を求めているペットがたくさんいるはずです。蟹座は、自分のことを必要としてくれる相手がいれば、どこまでもがんばれるのです。人類最後の1人として、全力で動物たちの世話をして、そして動物たちから、自分が生きていく勇気と力を得るでしょう。

獅子座……宇宙と交信しようとする

 人類最後の1人になったと知った獅子座は、「でも。宇宙のどこかにはきっと誰かがいる」と思うでしょう。この広い宇宙に、知的生命体が地球人だけとは思えないのです。最後の地球人として、宇宙にメッセージを送り続けます。いなくなってしまった人類のこと、そして、自分自身について、はるか遠くの誰かに向かって、語りかけるのです。

乙女座……植物に話しかける

 気配り上手な乙女座は、人間関係で消耗しがち。もしも、誰もいなくなったら、「もう誰にも気を遣わなくていい」と、ものすごく大きな開放感を味わうでしょう。そして本来面倒身が良い乙女座は、植物の世話に生きがいを見いだします。人と違って、植物は文句を言いません。手をかけてあげればその分、大きく育つのが嬉しくて、つい、植物に話しかけているでしょう。

天秤座……すべてが面倒くさくなる

 天秤座は、「人にどう見られているか?」が究極の行動原理です。そんな天秤座が、人類最後の1人になってしまうということは、何をしても、しなくても、誰も見てないということになり、つまり、……すべてが面倒くさく、どうでもよくなってしまいそうです。そして自分自身が何をしたいのかということを、生まれて初めて真剣に考えるのです。

蠍座……心安らかに過ごす

 蠍座は、人との関係で、傷ついたり、心ざわついたり、嫉妬したり、さまざまな苦しみを味わってきました。それは、人一倍、感受性が鋭いから。地球最後の1人になるということは、愛する喜びもないかわり、苦しむこともありません。たった1人になって、蠍座はいまだかつて味わったことのない、心の安らぎと、しみじみとしたさみしさを感じるでしょう。

射手座……生存者をさがす

 どんな状況でもポジティブで前向きな射手座。なんらかの理由で地球最後の1人になってしまったら、当然のことながら、生存者をさがしにいきます。きっと誰かがどこかで生き残っているに違いありません。もしかして助けを求めて待っていかもしれません。射手座は、サバイバルグッズと救急用品を持って、あらゆる場所へと出かけて行くでしょう。

山羊座……人類の記録を残す

 地球最後の人類になってしまった山羊座は、自分がするべきことは何かと考えます。そして、最後までを記録しようと思うでしょう。人類が残した文明の記録、科学の記録、そして人々の歴史。書き残しておくべきことはいくらでもあります。残りの人生すべてを使って、人類がこの地球に生きた証を残すことを使命と決めて、取り組むでしょう。

水瓶座……いつか誰かに会えると信じる

 水瓶座はいつどんなときでも、冷静に考え、状況を理解しようとします。まずは、すべての人類がいなくなってしまった理由を、納得するまで追求します。そしてその一方で不思議と悲観的にはならずに、いつか誰かに会えるという希望も持ち続けているでしょう。生活の方法を工夫してみたり、少しずつでも改善しながら、前向きに日々を過ごしていくでしょう。

魚座……人形と一緒に暮す

 地球最後の1人という究極の、ぼっちになった魚座は、得意の妄想力を最大限に発揮します。お気に入りの人形やぬいぐるみを家族にみたてて、朝晩、毎日話しかけます。1人だけど1人じゃない、そんな毎日を過ごしているうちに、現実と幻想があいまいになってくるかもしれません。魚座の頭の中では人形やぬいぐるみたちといつも賑やかに過ごしているでしょう。

 対人関係で心がすり減って、疲れ切ってしまったとき、「もしも人類最後の1人になったら」と想像してみると、少しは気分転換になるかもしれません。
(高橋桐矢)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事