【心理テスト】食事にプラスしたい冷凍食品でわかる、恋愛にルーズなところ

【心理テスト】食事にプラスしたい冷凍食品でわかる、恋愛にルーズなところ

結果

診断できること
「恋愛でルーズになってしまうところ」

 食事の好みは恋愛の好みをあらわします。手軽に食べられる冷凍食品は、恋愛におけるだらしない一面を象徴。選んだメニューから、あなたが恋愛でルーズになってしまうことを診断します。

A:ハンバーグ……二股OK

 ちょっと物足りないと思ったにもかかわらず、メインメニューとなりえるハンバーグを選んだあなた。本命の相手がいても同じくらい好きな人があらわれたら、両方と楽しみたいと思うタイプ。好きになったらしかたがないでしょ、と、二股をかけてしまうでしょう。はたからみたら遊び人のように思えてしまうかもしれませんが、本人はいたって本気。どちらも同じぐらい好きで1人を選べないため、結果的に二股になってしまうのです。

B:八宝菜……エッチ大好き

 “八”宝菜というだけあって、一口で多くの食材を味わえる八宝菜。これを選んだあなたは、たくさんの人と身体の関係を持ちたい欲求が強いタイプ。1人だけでなく、いろいろな人と楽しむことこそ、恋愛の醍醐味だと思っているのかもしれません。恋人にばれたら、「身体だけの関係で、心はあなたにあるから浮気じゃないでしょ?」と斜め上の言い訳をすることも。ちなみに、八宝菜の具をたくさん想像したほど、その傾向が強いでしょう。

C:コロッケ……さみしくなったら誰とでも

 身近で安価な存在のコロッケ。これを選んだあなたは、さみしくなったら誰とでも付き合ってしまう人です。普段は恋愛相手を厳選しているのですが、つらいことがあったり、さみしいと思ったとき、誰でもいいからそばにいてほしいと思います。ナンパやSNSなどでちょっとやさしくされたら、すぐに恋愛へと発展。ただし、さみしさが薄れると、なんでこの人と付き合っているんだろうと思い、別れるなんてことも。

D:唐揚げ……すぐ飽きてしまう

 大小さまざまな形がある唐揚げは、どれから食べようか迷ってしまいます。これを選んだあなたは、恋愛において移り気なところがあるようです。「この人こそ運命の相手だ!」と思って付き合い始めても、関係が慣れてくると「もっとほかにいい人がいるかも」と新しい恋をしたい気持ちが湧いて、彼と一緒にいることがつまらなくなってしまうのでしょう。そして、すぐに別れを告げてしまうのです。

 恋愛は、相手ありきのもの。好きな人とずっと一緒にいたいと思うなら、ルーズなところを直すことも大切ですね。
(小林みなみ)

記事が気に入ったらシェア

関連する記事