今日の運勢
6月28日(水) 1位 山羊座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

【新月のおまじない】4月19日は牡羊座の新月 新しい始まりへの幸運パワーが得られる日!

shingetu1504

 4月19日は新月です。新月とは、月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度、新しく月が生まれる日。このタイミングにお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうと言われています(詳しくはこちら)

今回の「牡羊座新月」の特徴は?

 新月はどの星座の位置で起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。今回の新月の特徴を見ていきましょう。

【新月が起こる場所】牡羊座
【新月になる時刻】4月19日3:57
【ボイドタイム】4月19日 3:58~6:32
【牡羊座新月のキーワード】「自己肯定」「直観的」「スピーディー」「情熱的」「エネルギッシュ」……etc.

 牡羊座は、黄道12星座の最初に位置する星座。生まれたばかりの生命にたとえられ、何かを始める力や行動力に満ちています。12星座で一番決断力に優れ、行動を起こすのもスピーディー。常に全力疾走で、自分に正直に生きようとします。

 新月は元々「始まりのパワー」が強く、その日から何かを始めると順調に育つ時ですが、牡羊座の新月は、その中でももっとも強く始まりの力が働きます。

 さらに、今回の新月は、「自我」を司る位置で起こります。ほかの惑星との配置から見ても、自分自身のあり方や天職などを見つめて願うには最適な時。牡羊座パワーの正直さや率直さを借りて、自分の本当の望みをみつけてお願いごとをしてみましょう。

「牡羊座新月」にオススメのお願いごと

 牡羊座新月でかないやすい願いごとは、「健全な自己主張」や「行動力」に関すること。「直観的」で「自分を信じる力」も特徴なので、考えすぎて行動ができなくなる人には、うってつけのパワーを授けてくれます。その他にも、「冒険心」や「企画・開拓」、「常にトップを行こうとする強さ」などが得意ジャンル。春のスタートダッシュを決めるために、この牡羊座パワーを使ってみましょう!

★お願いごとの例★
「不当な扱いに対して、正々堂々と戦える力が欲しい」
「自分の大好きな分野でナンバーワンになれますように」
「新しいことを始める時に、物怖じしない自分になりたい」
「好きな人に対して、情熱的に向かっていける私になりたい」
「いつでも迷わずに自分のためになることを選択できますように」
「自分1人で行動できる強さが欲しい」……etc.
新月のお願いごとのやり方

 お願いごとのやり方はとても簡単! 好きな紙に2件以上10件以内のお願いごとを書きとめるだけです。ただし、お願いごとを書くときは下記に注意してください。

(1)新月になったタイミングから48時間以内にお願いごとを書く。最大パワーを得たいときは8時間以内に!
(2)お願いごとを書くときは、ボイドタイムを外すのがベター
(3)お願いごとは2件以上、10件以内。それ以上でもそれ以下でもNG
(4)書くときはパソコン等ではなく手書きで
(5)他人を変える願いごとはかなわないと言われているので、あくまでも自分主体に、自分がどうなりたいか、を書く

 ボイドタイムとは、月の力が弱くなり人間の判断や決断に間違いが起こりやすくなる時間のこと。この時間帯はお願いごとの発信に適していないので避けたほうがよいと言われています。お願いごとを書いた紙は、捨てなければ自由にしてOKです。

 今回は、新月になってすぐボイドタイムに入ります。お願いごとをするのは、朝目覚めてからするのがいいでしょう。

牡羊座新月のプチおまじない

 今月はお願いごとを書く前に、ブラックペッパーやクローブ、ジンジャーなど、スパイシーなアロマオイルや香辛料の香りをかいでみましょう。スパイシーな香りは、頭脳を刺激して、牡羊座的なやる気や闘争心を奮い立たせてくれます。

 また、ピリリと辛いこれらは、牡羊座の守護星である「火星」が司る植物が原料。「火星」は、その人の「あるべき姿」を守るための行動力や防御力を発揮してくれます。火星や牡羊座のパワーを活性化させて、あなたのお願いごとを後押ししてもらいましょう!

 桜の開花や植物の芽吹きから、ワクワクするような生命の息吹が感じられる春。牡羊座の新月は、そうした生命の始まりを象徴し、すべての「新しい始まり」に幸運をもたらしてくれます。新生活を始めた人や新しい自分に変わりたい人は、牡羊座パワーを手に入れて、この春のスタートを素晴らしいものにしてくださいね!
(永沢蜜羽)

フォローする
­­ ­­