今日の運勢
5月30日(火) 1位 射手座 総合運 ★★★★★ 詳しく見る >>

太陽の光……嫌い12星座ランキング【朝が弱い】ランキング 蠍座は夜行性で、朝は何もできない!

12rank-asayowai

 健康によく、仕事の効率も上がると言われている早起き。しかし、どうしても朝は早く起きられない、ずっと寝ていたい、という人は多いはず。今回は、早起きが苦手な星座や朝が弱い星座をランキングで紹介します。上位の人は、寝坊に要注意!?

第1位 蠍座……夜行性で朝、何もできない

 蠍座は、朝が弱いというよりも、夜行性。読書にゲーム、勉強など、つい夜更かししてしまうため、朝早く起きられなくなってしまうのです。朝活を考えたこともありますが、夜のほうが作業がはかどるし、時間もゆとりがあるしで、実行せずじまい。早起きがつらすぎて朝ごはんも食べず、栄養ドリンクやゼリーですませてしまう場合も多いでしょう。

第2位 牡牛座……朝はのんびりしていたい

 どんなときもマイペースな牡牛座。朝は慌てず、のんびりしていたいのです。目覚まし通りに起きても、仕事の支度の時間になっても、動きはスローペース。そもそもお布団から起き上がるのもゆっくり。目が覚めて、ちゃんと動き出すのに時間がかかってしまいます。出発時刻ギリギリになっても、急がずのんびりしているのでしょう。

第3位 魚座……布団が大好きすぎる

 夢を見るのが好きな魚座は、布団の中でのまどろみも大好き。ウトウトしたときの心地よさがたまらず、ずっと布団の中でゴロゴロしてしまいます。時間通りに起きなければいけなくても、布団から出たくありません。布団に入ったまま着替えや朝ごはんを食べてしまう人もいるのでは?

 第4位は天秤座。朝から動くのが面倒くさい人です。布団で目が覚めてもダラダラしていたいのです。布団から出ても、ソファやこたつでダラダラ。第5位の射手座は、切羽詰まらないと動きません。遅刻ギリギリになってようやく活動的になります。

 第6位の獅子座は、オンオフの切り替えはバッチリ。仕事の日は起床時間通りにきちんと起きます。ただし、休みの日は叩き起こしても起きません。第7位は水瓶座。大好きな花の水やりや、見たい番組のコーナーなど、目的があれば早起きできる人。

 第8位はせっかちな双子座。朝からやることが多く、目覚めた直後から慌ただしくしています。第9位は蟹座。朝は慌ただしく過ごしたくないから、早起きするタイプ。コーヒーを飲みながら、時間をかけて朝ごはんを食べたいのです。

 第10位の乙女座は、時間に細かい人。朝に強いのは「時間に遅れたくない」という思いが強いからなのです。目覚まし時計よりも早く目覚めてしまうことも多いでしょう。第11位はルーチンが得意な山羊座。どんなに早い時間でも、きちんと毎日決められた時間に起きます。朝起きた後のスケジュールもテキパキこなし、ぼーっとしている時間はありません。

 第12位は、まるで朝日のように活発な牡羊座。ちょっと夜更かししても、朝はシャキーンと起きることができます。充実した朝にするために、時間があるときはヨガや読書など「朝活」も取り入れているのではないでしょうか。

 朝が弱い人は、身体がなかなか活動モードに入らないため、目覚めた後もボーっとしてしまいます。朝日を浴びたり、シャワーで寝汗を流すと頭がすっきりしますよ。
(咲羅紅)

フォローする
­­ ­­